趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

dtab Compact d-02Hをroot化してMediapad M2として使う(実践編④ Android6.0 M2rom導入)

f:id:flying-gadget:20171001205756j:plain

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。 

dtab Compact d-02Hのroot化、Mediapad M2 rom導入手順をまとめています。初めての方は、「導入編」からお読み下さい。

 

このページの目標

今回はAndroid 5.1ベースのromでM2化された端末をAndroid6.0ベースのMediapad M2 romにアップデート(マシュマロ化)します。より美しく洗練されたUI、Android6.0の新機能が手に入ります。今回の作業は以下の通りです。

  • Android 6.0ベースのM2 romを入手する。
  • 端末のローカル更新でromをインストールする。

 

注意事項 

現時点でd-02Hに導入できるマシュマロromには以下の制約がありますので、許容できる方のみ実行して下さい。

  • Xposedが使えない
  • SuperSUが使えない(他のスーパーユーザーアプリによるroot化は可能)

 

【2017/8/26追記】

Huawei純正マシュマロROMの最新版(B209)、あるいは有志制作のカスタムROM(Simply Google)によりこれらの制約は解消されており、SuperSU、Xposedともに問題なく利用できます。ただし、最終的にそれらのROMを使用する場合も本記事の手順を実行して一旦B207のストックROMを導入する必要があります。

 

準備

マシュマロ化を行うにはAndroid5.1ベースのM2化が完了している必要があり、dtabの状態から直接行うことはできません。まずは実践編③までの手順を完了させて下さい。

マシュマロ化はリカバリからではなく、OSの機能であるローカル更新(端末内のファイルによるOSアップデート)から行います。まず、設定⇒画面⇒スリープで画面がスリープに入るまでの時間を最長の30分に設定しておきます。アップデート中にスリープに入ると失敗しやすいそうです。

 

Huawei純正リカバリ導入

実践編③で5.1のM2 romから抽出したRECOVERY.imgを焼いていなかった人は、焼いておきます。RECOVERY.imgをplatform-toolsフォルダに置き、fastbootモードで以下のコマンドを実行します。

 

fastboot flash recovery RECOVERY.img

 

TWRPは消えますが、TWRPで取ったバックアップは生き残り、後でTWRPを焼き直せばレストアも可能です。

 

romの入手

romは以下のサイトから入手します。私はM2-802L B207を焼きました。

 

https://forum.xda-developers.com/mediapad-m2/development/rom-8-0-models-stock-marshmallow-roms-t3535466

 

f:id:flying-gadget:20170408105034p:plain

 

romのアップデート

USBデバッグでPCと接続し、ダウンロードしたupdate.zipを、解凍せずにplatform-toolsフォルダに置き、以下のコマンドを使って端末の /sdcard/dload フォルダに転送します。B207以外のromを使う場合もファイル名をupdate.zipに変更した方が良いようです。

 

adb push update.zip /sdcard/dload

 

ちなみに、名前が紛らわしいですが/sdcardは端末の内部ストレージです。転送が終わったら、設定⇒システム更新を開き、メニューから「ローカルで更新」を選択します。update.zipを選択し、インストールをタップすると更新が開始されます。

 

f:id:flying-gadget:20170408120626p:plain

 

 再起動するとマシュマロ化が完了しています。

 

【2017/8/26追記】

ここからは、「番外編②」に進んでB209へのアップデートを行うことをお勧めします。「とにかく軽いROMが良い」という人は「Simply Google」も良いです。B209にアップデートする場合はHuawei純正リカバリで行う必要があるので、リカバリをTWRPに戻すのはB209へのアップデートが終わってからです。

 

romの動作を確認したらリカバリをTWRPに戻しておきましょう。手順は実践編②を参照下さい。

 

私の場合はXposedが必須なので、一度マシュマロ化した後すぐに5.1に戻してしまいました(Xposed自体は6.0対応のバージョンもあるのですが、romとの相性が悪いのか試しに入れてみたら起動不能になりました)。なのでマシュマロromは短時間しか使っていないのですが、5.1のromと比較するとUIが綺麗で、FullHDの解像度を有効に使えている気がしました。

 

お疲れ様でした。今回はここまでです。次回はroot権限管理アプリの導入などです。本テーマに関しては次回が最終回になると思います。

 

それでは、今日も読んで下さり、ありがとうございました。Good day!