趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

スマホ更新計画-Nexus5の後継機を考える

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。 

今回は個人的なスマホ買い替え検討の備忘録です。

 

現在の愛機 Nexus5

私は現在普段使いのスマホとしてNexus5を使用しています。この端末は2013年に当時のイーモバイル(現ワイモバイル)で契約したものですが、以下の点でキャリア契約で手に入るスマホとしては画期的な端末でした。

f:id:flying-gadget:20170419200059p:plain

 

  • 余計なプリインストールアプリや独自UIが無いピュアAndroid
  • Androidのアップデートへの対応が速く、常に最新のOSが使える(残念ながらAndroid7.0には対応予定なし)
  • SIMフリーのグローバルモデルであり、多くの海外SIMが使える(私はアメリカ、フランス、台湾、シンガポール、ベトナムの現地キャリアで実際に利用)

 

これらの利点はMVNOとSIMフリー端末が普及した現在では特に目新しさはありませんが、当時としては他に類を見ない画期的なものでした。端末そのものの完成度も非常に高く、5インチは片手持ちに丁度良いサイズで、性能も十分で動作速度にも不満はありません。Androidスマホは色々使ってきましたが、その中でもダントツで満足度の高い端末と言えます。

 

ではなぜ買い替えるのか?

4年越しの愛機であるNexus5の買い替えを検討しているのは、以下の3点が理由です。

 

1. ストレージ容量が限界

これは私が契約時に「一括0円」につられて16GBモデルで妥協したことが最大の原因なのですが、この端末の数少ない欠点である、「外付けSDカードに対応していない」ことも相まって、ストレージに余裕がなく新しいアプリを入れられないのです。特に最近のアプリは更新の度に容量が増えていくので、容量が足りなくてアプリを更新できないこともしばしば発生します。これからスマホを購入される方は、ストレージは32GB以上のモデルを推奨します。

 

2. 最近調子が悪い

ストレージ容量を限界近くまで使っているせいか、最近は突然再起動する事象が頻繁に発生します。また、私は頻繁にSIMを入れ替えるので、SIMトレイの差し込み部が壊れかけておりSIMの認識不良が度々発生します。SIMトレイは頻繁に抜き差しすることを想定して設計されていないようなので、優しく扱ってあげる必要がありそうです。

 

3. DSDS対応端末が欲しい

私は今はドコモのXiプランを使っていますが、通信料金の節約のため今年の夏以降にFOMA+MVNOのデュアルSIM運用に切り替え予定です。そのタイミングでDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)対応端末への買い替えが必要になります。

 

後継機の条件

上記を念頭に置いて、検討対象の後継機候補は以下の条件を満たすものを選定します。ちなみに私はスマホはケースに入れない派なので、背面がガラス製の端末(Zenfone3など)は検討対象外です。

  • DSDS対応端末(FOMAプラン+ドコモ系MVNOで使えるもの)
  • SIMフリーのグローバルモデル
  • シンプルなピュアAndroid
  • 5インチクラス

 

候補1(本命) Moto G5 Plus

3/31に発売されたモトローラの最新モデルです。5.2インチでサイズはNexus5とほぼ同等であり、価格は4万円弱のミドルエンド製品です。

 

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 Plus 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 AP3824AC3J4

 

 

スペックはフルHD液晶、内蔵ストレージ32GB、メモリ4GB、バッテリー容量3000mAhと十分です。モトローラ端末の利点はDSDSでSIMを2枚刺してもMicroSDカードが使える点です。他のメーカーの端末では2枚目のSIMとMicroSDは排他利用であることが多いので注意が必要です。

一方で、イケてない点としては充電ポートが従来型のmicroUSBで新型のTypeCではないこと、地磁気センサが無い(地図アプリで端末の方向がわからない)ことが挙げられます。

 

候補2(対抗) Moto G5

同じくモトローラの最新モデルですが、こちらはMoto G5 Plusよりも低価格帯の製品で、25,000円前後です。

 

モトローラ SIM フリー スマートフォン  Moto G5 16GB ルナグレー 国内正規代理店品 PA610105JP

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5 16GB ルナグレー 国内正規代理店品 PA610105JP

 

 

液晶5インチフルHD、内蔵ストレージ16GB、メモリ2GB、バッテリーは2800mAhになります。DSDSはソフトウェアの対応が今夏以降とのことです。私はゲームはしないしスペックはさほど求めないので、スペックはこちらでも十分に感じますが、やはり内蔵ストレージ16GBはキツいことが今の端末でわかっているので(SDカードがあるので今よりはマシになるでしょうが)Plusの方が良いかな?と思っています。

 

候補3(大穴) Huawei Mate 9

 こちらはHuaweiのハイエンド端末です。価格が高いことと、6インチクラスは片手操作には大きいことが理由で当初は候補に無かったのですが、先日店舗で実物を見て非常に印象が良かったので、急遽検討対象に加えることにしました。

 

 

スペックはおそらく2017年春現在のスマホとしては最強の部類でしょう。私にはむしろオーバースペックと言えます。6インチとはいえ狭額縁ゆえに手に取った感触は5インチクラスと大差なく思えます。そして液晶が非常に美しいです。

欠点として、2枚目のSIMとSDカードは排他利用ですが、内部ストレージが64GBあるので支障ないと思われます。最大の欠点は6万円近い高価格でしょう。ハイエンドモデルなので仕方ないところですが、スマホはLINE、電話、ブラウジング、地図程度しか使わない私には過ぎた代物に思えます。

  

まとめ

Nexus5の後継、かつDSDS対応という視点でスマホの買い替え候補を独断と偏見に基づきピックアップしてみました。おそらくMoto G5 Plusを買うと思いますが・・・。買ったらレポート記事書きます。もし他におすすめがあればコメントで教えて頂ければ幸いです。そして今回気付いたこと。

 

候補が全部中国メーカー製だった

別に狙ったわけではないのにそうなってしまいました。モトローラは現在Lenovo傘下なので中国資本です。そういや今使ってるタブレットはdtab(Huawei)だし、PCはThinkpadだし・・・。少なくともコンシューマーエレクトロニクスの世界では、中国製に対するイメージは近年大きく変わったと思います。

 

スマホは本来高価なものである

今回検討対象としたスマホの価格は下は25,000円から上は57,000円程度の価格です。一昔前のPCよりもずっと高性能なコンピュータを購入すると思えば妥当、むしろ安いくらいなのですが、最初に調べた印象は「高っ!」というものでした。MNPで「一括0円」が当たり前だった数年前がいかに異常だったかが良くわかります。

 

それでは、今日も読んで下さり、ありがとうございました。Good day!

スポンサーリンク