趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

【速報】Huawei Novaが契約不要30,780円で購入可能

f:id:flying-gadget:20171001194803j:plain

 

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。 

今回はDSDS対応スマホをお得に購入できる情報を見つけたので紹介します。OCNモバイルONEのSIMカードとセットでの販売ですが、契約は必須ではなく実質的に端末単体の値引きなので非常にお得な案件です。 

 

Huawei Novaとは?

Huawei Novaは5インチ、ミドルクラスのDSDS対応スマホです。以前の検討では候補に入れていませんでしたが、Huaweiオンラインストアでの定価は37,980円でスペック、価格帯としては前回本命として取り上げたMoto G5 Plusとほぼ同等と言えます。

今回この端末が4/30までの限定セール価格30,780円でAmazonから購入できます。OCNモバイルONEのSIMが付属しますが、契約は任意です。また、色によって価格が異なり、4/29現在ではチタニウムグレーが30,780で最も安く、ゴールド、ローズはやや高くなっています。

 

HUAWEI nova 格安スマホ OCNモバイルONE SIMカード付 (音声SIM, チタニウムグレー)

HUAWEI nova 格安スマホ OCNモバイルONE SIMカード付 (音声SIM, チタニウムグレー)

 

 

Moto G5 Plus vs. Huawei Nova

これまでNexus5の後継機となるDSDSスマホの第一候補としてMoto G5 Plusを考えていましたが、ここにきて思わぬ伏兵が現れたので比較してみました。細かいスペックは割愛させて頂きまして、大きな違いは以下の通りです。

 

Moto G5 Plusの方が良い点

①SIM2枚とMicroSDカードの同時利用が可能

②RAMが4GB(Novaは3GB)

 

Huawei Novaの方が良い点

①地磁気センサ搭載

②充電コネクタが新型のTypeC(Moto G5は従来のMicroUSB)

 

外観とサイズ

2機種とも店頭で実際に触ってきましたが、Moto G5 Plusの方が横幅が広く、Novaはスリムで縦長の印象です。液晶はG5 Plusの方が5.2インチなので若干大きいです。どちらもアルミ製で見た目の質感には大きな違いはありません。カラバリはG5 Plusはグレー、ゴールドの2色、Novaはグレー、シルバー、ローズ(ピンク)の3色展開です。

外観、サイズに関してはどちらが優れているといったことは無く、好みの問題と思います。

 

まとめ

率直に言って、Huawei Novaが端末単体30,780円で手に入るなら「買い」だと思います。契約とセットであればより安いプランもありますが、解約すると違約金がかかる音声プランでの契約が必須になっていることが多いです。DSDS機能を活用した運用ではデータプランを選ぶことが多いと思いますので、音声契約不要で安く買える案件は貴重です。

ちなみに、上のリンクは音声SIMとのセットでしたが、OCNモバイルONEのデータSIMとのセットも以下にあります(ただし在庫が少ない模様)。

 

HUAWEI nova 格安スマホ OCNモバイルONE SIMカード付 (データSIM, ローズゴールド)

HUAWEI nova 格安スマホ OCNモバイルONE SIMカード付 (データSIM, ローズゴールド)

 

 

OCNモバイルONEはMVNO最安値圏であり、固定回線とのセット割引もありますので検討価値があると思います。

それでは、今日も読んで下さり、ありがとうございました。Good day!