趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

【WiMAX2+ 2017年10月】RaCouponとGMOは結局どっちがお得か?

f:id:flying-gadget:20171002213059p:plain

【2017.10.1更新】

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。 

このブログの管理人は自宅のネットに固定回線を引かずにWiMAX2+を契約しています。この記事ではWiMAXをお得に使うために、WiMAX2+プロバイダの最安値を争っているRaCouponとGMOを比較していきます。

 

なぜWiMAX?

私は一人暮らしで自宅に固定回線を引いておらず、これまではドコモシェアパックのテザリングでネット需要を満たしていました。しかしながら、シェアパック回線が契約からもうすぐ2年になり、月々サポートが切れるので、スマホは格安SIM、ネットはWiMAX2+に移行する予定です。WiMAXはギガ放題プランであれば通信量を気にせずに使えます。

一人暮らしであれば、自宅に固定回線を引くよりも外出時に持ち出せるWiMAXの方が便利だと思います。また、WiMAXは格安SIMと相性が良いです。なぜならWiMAXルータを持っていれば外出先でもスマホがWi-Fiでつながるので、ネット回線をWiMAXにしておけば格安SIMの契約は通信料が少ない安いプランでも大丈夫になります。

 

安く使うならRacouponかGMO

 WiMAXのサービスは多くのプロバイダが行っていますが、回線の管理はUQコミュニケーションズが行っており、各プロバイダが回線を借り受ける形でサービスを提供しています。要は格安SIMと同じMVNOですね。使っている回線は各社とも同じなので、回線品質やエリアはどこを選んでも同一です。

従って、必然的に価格競争になり最安値のプロバイダに人気が集まることになります。また各社とも新規顧客獲得のためのキャンペーンに力を入れており、キャッシュバックがもらえることも多いです。

WiMAXプロバイダの契約は携帯と同様2年縛りで更新月以外の解約は違約金がかかるので、慎重に選ぶ必要があります。

2017年10月現在、WiMAX2+のお得なプロバイダとして挙げられるのが楽天の「RaCoupon(ラクーポン)」と「GMOとくとくBB」の2社です。今回はこの2社について、総合的にどちらがお得か比較評価を行っていきます。

 

比較結果概要

結果として、RaCoupon、GMOのサービス、料金の相違点は以下の表に示す通りになります。実は両社のサービスはそれぞれ一長一短であり、一概に「こっちがお得」とは言えない面があります。それらの相違点の詳細をこの記事で説明していきます。一応このブログもアフィリエイトリンクを貼っていますが、特定の結論に誘導することは避け、あくまでユーザー目線での公平な比較を目指します。

 

  RaCoupon WiMAX GMOとくとくBB
ルータ機種 Triprouter W04 W04
実質月額料金
(ギガ放題プラン、消費税、手数料、キャッシュバックを含む平均)
¥2,776 ¥3,273 ¥3,473
キャッシュバック なし
(月額割引)
なし
(月額割引)
¥30,100
(11ヶ月目以降に振込)
月ごとのギガ放題⇔7GBのプラン選択 不可可能 不可可能 可能 


厳密な料金比較

まずはRaCouponとGMOの料金を比較していきます。ネット記事の中にはいい加減な比較も散見されますが、本ブログでは前提条件を明確にして厳密に計算していきます。

 

前提条件と注意点

まず、料金を算出する際の 前提条件は以下の通りとします。

 

  1. 契約プランはギガ放題とする
  2. 各種料金、キャンペーン、契約条件は記事更新時点(2017/10/1)のものとする
  3. 月初に契約して2年縛りを完遂し、更新月の月末に解約するものとする
  4. キャッシュバック、手数料、消費税(端数切捨て)を全て含めた合計額を利用月数で割った実質月額料金で比較する
  5. 使途が限定されるRaCouponの割引チケット及びGMOポイントは割引に含めない

 

 料金を比較する際は以下の点に注意する必要があります。

 

  • RaCouponは月額料金が安いがキャッシュバックがない。一方GMOは月額料金は高いが¥30,100のキャッシュバックがある
  • 更新月はRaCouponは契約月から26か月目、一方GMOは25か月目
  • RaCouponは2年縛り中に月額料金が2回変わる、一方GMOは1回変わる

 

契約月と解約月の扱い

両社とも解約月の料金は日割りにならず、満額請求となります。一方で契約月の料金はRaCouponは満額、GMOは日割りになります。ただし、RaCouponは月末に契約するとその月はサービスで、翌月からカウントになるようです。月末の何日からそのルールが適用されるのか詳細は不明です。

今回は比較を容易にするため両社とも月初契約の前提で比較します。両社とも最初の2か月はギガ放題の料金が無料になるので、そのメリットを最大限に活かすという意味でも月初の契約の方がお得です。

 

ルータの選択

WiMAXルータはRaCouponはW04とTriprouterの2種類が選べ、Triprouterの方が月額料金が安いです。GMOは事実上W04一択です(他の選択肢はあまり一般的でない)。従って、RaCoupon(Triprouter)、RaCoupon(W04)、GMO(W04)の3通りを比較します。

計算式

上記の前提に基づいて料金を算出します。全て税込みで結果は上の表で挙げた通りです。

1. RaCoupon(Triprouter)

 契約事務手数料¥3240+最初の12か月¥2158×12+中間12か月¥2896×12+最後2か月¥4140=合計¥79548(26か月)平均月額¥72180÷26=¥2776

 

2. RaCoupon(W04)

 契約事務手数料¥3240+最初の2か月¥2388×2+中間22か月¥3127×22+最後2か月¥4140=合計¥88092(26か月) 平均月額¥85090÷26=¥3273

 

3. GMOとくとくBB(W04)

 契約事務手数料¥3240+最初の2か月¥3898×2+その後23か月¥4604×23ーキャッシュバック¥30100=合計¥88092(25か月) 平均月額¥86828÷25=¥3473

  

その他のメリット・デメリット

続いて料金以外のメリット・デメリットを比較していきます。

端末比較:W04とTriprouter

WiMAXモバイルルータの比較です。W04はHuawei製の最新機種で、上にあげた2社以外のプロバイダでも広く提供されているものです。私も使っていますがタッチパネルで操作できて使い勝手も良く、特に不満はありません。

一方でRaCouponの格安プランで提供されるTriprouterは、無線機能がないUSBスティックタイプのモバイルルータにWi-Fi化デバイスとバッテリーが一体になった箱を合体させて使うタイプのもので、分離させればバッテリー側はモバイルバッテリーとしても使えるという代物です。

こちらは私は使ったことがないので機能面に関しては何とも言えませんが、あくまで個人的な意見として「見た目がかっこ悪すぎる」という理由で却下しました(笑)。USBスティックタイプのルータなんて今時売れないだろうし、在庫処分のための苦肉の策としては良いアイデアだと思うのですが、白いバッテリーから黒いUSBスティックが豪快にはみ出すあの潔いデザイン、もう少し何とかならなかったのかと。

ネットで調べた範囲では機能に問題があるという情報は無かったので、「ルータなんてWi-Fiの電波が出れば十分で見た目なんてどうでもええわ」という方には良いと思います。

 

GMOのみ「auスマートバリューmine」に対応!

auのスマホを使っている人は、WiMAXとauスマホを同時契約することで毎月最大934円の割引を受けられる「auスマートバリューmine」という制度があります。適用条件等の詳細は以下のau公式サイトで確認できます。

この「auスマートバリューmine」の適用は、上記2社ではGMOは対象ですが、RaCouponは対象外です。auユーザーの方は気を付けましょう。

 

www.au.com

 

GMOは月ごとにギガ放題⇔7GBプランの変更が可能

もう一つの重要な相違点として、「GMOのみギガ放題と7GBプランの切り替えが月ごとに可能」という特徴があります。切り替えはオンラインで簡単にでき、当月中に申請すれば翌月のプランを変更できます。もちろん2年縛りの期間も影響を受けません。

これは結構大きなメリットで、たとえば、

「基本ギガ放題で契約してるけど、来月は長期休暇で実家に帰るから7GBにしよ」とか、

「基本7GBで十分だけど来月は動画サイトで見たいアニメの配信があるからギガ放題にしよ」

といったことがGMOでは可能です。ギガ放題と7GBプランの料金は706円の差がありますから、基本ギガ放題で使うとして、ギガ放題が無料になる最初の2か月を除く23か月のうち、4か月以上で計画的に7GBに抑えられればRaCoupon(W04)よりも安くなります

 

2017年10月現在、RaCouponでも月ごとに変更できるようになっています。

 

GMOはオプション解約とキャッシュバックの受け取りを忘れずに!

GMOは契約時にサポートとWi-Fiのオプションサービスがついてきます。2か月間は無料ですが必要なければ無料期間中に忘れずに外しましょう

また、GMOのキャッシュバックは契約の11か月後にGMOから発行されたアドレスに通知が来るので、そこから1か月以内に申請して受け取る必要があります。これを忘れると3万円をドブに捨てることになるので、必ず忘れずに申請しましょう。

まあ、この辺はスマホの契約に慣れている方であれば問題ないと思います。逆に、この辺の手続きに不安がある方はキャッシュバックがなく月額料金が安いRaCouponの方が良いかもしれません。

 

両社ともサポート面の評判はいまひとつ

今回取り上げたRaCouponとGMOはWiMAXのプロバイダとしては最安水準ですが、サポート面の評判はあまりよろしくありません。具体的には電話がつながりにくいとか、メールの返信が遅いとかいう話はよく聞きます。

ただ、最安値を追求する以上この辺りはある程度仕方ない部分もあると思います。同じ回線を借りて同じ端末を提供するのに、料金を安くすればどこかでコストを削らないといけませんから。

逆に、「ネット初心者で手取り足取り教えてもらわないと設定できない」とか、「故障したら電話1本で翌日までに代替機を送ってくれないと仕事に支障が出る」という人は最安値のサービスを選ぶべきではないと思うのです。従ってサポート重視の方はこの2社以外のプロバイダを推奨します。

 

2017年6月との相違点

このブログで初めてWiMAXについて書いたのは2017年6月でした。当時から変わった点を述べておきます。

 

GMOとくとくBB

GMOの方は料金、キャッシュバック金額ともに変わってません。自宅据え置き型のルータの選択肢が増えています。

 

RaCoupon WiMAX

料金は全体的に安くなっています。特にTriprouterでギガ放題オプションの無料期間が2ヶ月→12ヶ月に増えたのは大きいです。それから、RaCouponでもGMOと同様に月ごとにギガ放題と7GBプランを切り替えられるようになっています。

 

速度制限について

上で挙げた2社に限らず全てのWiMAXプロバイダで、3日で10GB以上通信すると速度制限が課せられます。かなり緩い規制なので、余程のヘビーユーザーでなければ困ることはないと思います。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

www.flying-gadget.com

 

結論

私は契約当時(2017年6月)の条件で比較した結果、GMOを選びました。特に問題なく利用しています。開封の儀、レビューはこちら

「今回の比較が参考になった」「自分に合ったプロバイダがわかった」という方は以下のリンクを踏んで契約していただければ、私としても今後記事を書く上での励みになります。

 

RaCouponはこちら↓

 

 

GMOとくとくBBはこちら↓

 

それでは、今日も読んで頂きありがとうございました。Good day!