趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

実録!DSDSでガラケーに月額1000円プラスでスマホデビュー(SIM設定編)

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。

私の母親がドコモFOMAガラケーからスマホデビューしました。DSDSスマホと格安SIMを組み合わせれば、ガラケーの電話番号とメールアドレスを残したまま、月額1000円程度の差額でスマホを使うことができるので、その方法をまとめていきます。前回の記事で手順の概略と用意するものを説明しています。今回から実際の設定に入ります。

www.flying-gadget.com

 

SIMのサイズを確認する

SIMのサイズは標準SIM、MicroSIM、NanoSIMの3種類があり、一般に新しい機種ほど小さいSIMが使われています。今使っているガラケーと新たに購入するスマホがどのサイズのSIMを使っているか確認しておきます。DSDSスマホは2つのスロットがあり、NanoSIM×2が多いですが、g07+等はMicroSIM+NanoSIMです。

ガラケーのSIMは大抵裏のカバーを開けてバッテリーを取り外すとスロットがあるので、そこから取り出して確認します。今回のガラケーは標準SIMでした。

SIMカードのサイズは3種類

f:id:flying-gadget:20170709224253j:plain

 

SIMをカットして装填する

今回はガラケーが標準SIM、スマホ(Huawei Nova)がNanoSIM×2だったので、標準SIMを2段カットしてNanoSIMにします。前回の記事で紹介したおすすめセットのSIMカッターは向かって右側が標準SIM→MicroSIM、左側がMicroSIM→NanoSIMのカットに対応していますので、順番に処理します。カットは正しい位置にセットしたら躊躇せず一気に切るのがコツです。

 

f:id:flying-gadget:20170709224615j:plain

f:id:flying-gadget:20170709213231j:plain

 

ご覧の通りカットされました。私も2段カットは今回初めてで、金色の部分までがっつり切れているので少し不安でしたが、何の問題もなく認識し使えています。ここまで切っても動くのか!というのが正直な感想でした。SIMって技術の進歩で小型化してきたんじゃなくて、標準SIMなんて7割くらいが無駄なスペースだったんですね。

カットが済んだら付属のヤスリで形を整えてスマホのスロットに入れます。今回はNovaのSlot1にガラケーSIM、Slot2に楽天モバイルの格安SIMをセットします。

 

f:id:flying-gadget:20170710011057j:plain

 

ところでこのSlot2の形、どこかで見覚えがありませんか?そう、MicroSDカードですね。実は今回のNovaを含むほとんどのDSDSスマホでは2枚目のSIMとMicroSDのスロットが共通となっており、SIM2枚刺しの状態ではMicroSDが使えないのです(モトローラの端末は両方使えます)。残念ながらこれはDSDS運用の大きなデメリットです。従って、DSDSで運用する端末は内蔵ストレージの容量が大きいもの(32GB以上)を選んでおきましょう。

今回使用したSIMカッターはこちらのセットに含まれているものです。アダプタ、カッター、ヤスリのセットでSIMサイズに関する問題を全て解決してくれます。

 

 

デュアルSIMの設定をする

SIMを装填したらスマホのデュアルSIM機能の設定を行います。以下の手順はHuawei Novaの場合です。他の端末では項目名などが多少異なる可能性があります。

「設定」→「デュアルSIM設定」と進み、以下の画像に示すように、「デフォルトの通話SIM」をSIM1(ガラケー)に、「デフォルトのデータ通信」をSIM2(格安SIM)に設定します。

f:id:flying-gadget:20170709220509j:plain

 

続いてデータSIMのAPNを設定します。今回はデータ通信にSIM2を使うので、SIM2のみAPNを設定します。「設定」→「モバイルネットワーク」から、SIM2の「アクセスポイント名」を選択します。

 

f:id:flying-gadget:20170709221449j:plain

 

APNの一覧から契約した格安SIMのAPN(今回の例では楽天モバイル)を選択して設定します。最近のSIMフリー端末は主要な格安SIMのAPNがプリセットされているので、一覧から選択するだけで簡単です。

 

f:id:flying-gadget:20170709221855j:plain

 

電話の発着信とデータ通信を確認する

ここまでで設定は完了です。うまくいっていれば端末にアンテナピクトが2つ表示されるはずです。ここまで終わったら電話の発着信、データ通信を確認しておきましょう。ちゃんと今まで使っていたガラケーの番号で電話の発着信ができ、ネットはLTEでつながるはずです。これで「ガラケー+1000円スマホデビュー」成功です。おめでとうございます!

ちなみに、格安SIMを音声プランで契約した場合は格安SIMの番号でも電話の発着信が可能です。着信はSIM1,2どちらの番号でも常時可能で、発信はデュアルSIM設定で「デフォルトの通話SIM」に設定したSIMの番号からとなります。

f:id:flying-gadget:20170709222959j:plain

 

今回選んだ楽天モバイルは全国に実店舗があり、格安SIMとしてはサポート面の安心感が高いです。料金もSMSなしのデータプランなら3.1GBで月額900円+税とお得です(DSDS運用ならSMSはガラケー側でできるので通常不要)。さらに毎月の支払いで楽天スーパーポイントを貯めることも、使うこともできます。

楽天モバイルの契約はこちら↓↓

 

次回、ドコモメール設定編です

DSDSの設定は以上で完了です。次回はガラケーのiモードで使っていたメールアドレスを引き続き使うため、ドコモメールの設定を行います。

 

www.flying-gadget.com

www.flying-gadget.com

 

今日も読んで下さり、ありがとうございました。Good day!

スポンサーリンク