趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

dtab Compact d-02Hをroot化してMediapad M2として使う(番外編③ Simply Googleから純正B207に戻す)

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。 

dtab Compact d-02Hのroot化、Mediapad M2 rom導入手順をまとめています。初めての方は、「導入編」からお読み下さい。

 

このページの目標

カスタムROM「Simply Google」から、「実践編④」で導入したHuawei純正B207のストックROMに戻す手順を解説します。

 

なぜ戻すの?

Huawei純正ROMの最新版(B209)では、純正M2環境でXposedの利用が可能です。Simply Googleも軽量で良いROMなのですが、Huaweiアプリがほとんど削除されている等かなり手が加えられているので、素のM2であるB209の方が万人向けかと思います。

B209へのアップデートにはHuawei Firmware Finder(HWFF)というアプリを使う必要があるのですが、HWFFが何故かSimply Googleではエラーが出て起動しないので、一旦B207の純正ROMに戻す必要があります。

 

注意点

手順自体はそんなに難しくありませんし、Wipe無しでB209まで行けますので、アプリや環境はそのまま保持されます。ただし、SuperSUとXposedは入れ直しになるのでroot関連アプリやXposedモジュールは再度設定が必要です。

文鎮リスクのある作業になりますのでバックアップは必ず取っておきましょう

 

手順

B207のストックROMは「実践編④」で使ったのと同じものです。持っていない方はこちらからダウンロードできます。

 

forum.xda-developers.com

 

ダウンロードしたupdate.zipを解凍して得られたUPDATE.APPから、Huawei Update ExtractorでBOOT.img、CUST.img、SYSTEM.img、RECOVERY.imgの4つのイメージファイルを抽出し、fastbootコマンドを使って焼きます「実践編③」でdtabから5.1のM2化を行った時と同じ手順です。Simply Googleはこれら4つのパーティションしか含まないので、これで綺麗にストックのB207に戻ります。リカバリはHuawei純正で上書きされTWRPは消えますので、バックアップしたROMをレストアする場合はTWRPをリカバリに焼き直してから行って下さい。

SuperSUとXposedは私は入れたまま焼きましたが問題ありませんでした。ただし、SYSTEMが上書きされアプリだけ残っている状態になるので、念のためこれらを一旦アンインストールしておきます。B209更新後にこれらを再インストールします。

 

B209への更新

ストックB207からB209への更新、SuperSU及びXposedの再導入は以下の記事を参照下さい。

www.flying-gadget.com

 

それでは、今日も読んで下さりありがとうございました。Good day!

スポンサーリンク