趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

名古屋~セントレア~長島上空をナイトフライトしてきた

f:id:flying-gadget:20171010211932j:plain

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。

昨日までの3連休、皆様はどう過ごされましたでしょうか。私は月曜日の夜、名古屋周辺をセスナでナイトフライトしてきました。今回は自分で操縦はせず、クラブの仲間の慣熟飛行の付き添いです。

 

飛行ルート

今回は県営名古屋空港からのローカルフライト(出発したのと同じ空港に変える飛行)で、名古屋空港~名古屋港~セントレア(上空通過)~四日市~長島~名古屋駅周辺~名古屋空港のコースです。GPSログはこんな感じ。

 

f:id:flying-gadget:20171010212601j:plain

 

え?なんでログが空港から始まってないのかって?もちろん、ログをONにするのを途中まで忘れてたからだよ。ちなみにこの地図はTCAチャートという飛行機乗り向けの地図。空港とか空域、標高、高い建物や上空から目印になる目標物なんかが示してある。

俺はこれをスキャンして(電子版が無くて紙のやつしか売ってないんだぜ?今時ありえねーだろ)、座標をマッピングしてタブレットのアプリに放り込んで使ってる。

M2化したd-02hをカーナビならぬ「飛行機ナビ」として使っているわけだ。もちろん飛行中にタブレットが文鎮化しても安全に飛べるように訓練しているので、ご心配なく。

 

ナイトフライトの重要性

今回は夜間飛行の慣熟なので、日没を待って19時前に出発。ちなみに日本の航空法では「夜」の定義は「日没から日の出まで」となっていて、その時間に飛ぶと「夜間飛行」の経験として記録することができる。ちなみにアメリカではちょっと定義が違う。パイロットの学科試験の頻出問題の1つでもあるので、興味がある人はググってみてね。

なんで夜間飛行の経験が重要かというと、単純に「昼間よりも景色が見えにくいので難しいから」。特に上空で自分の位置を見失う「機位喪失(ロスト・ポジション)」(要するに「迷子」)に陥りやすい。なのでパイロットは定期的に夜間飛行を行って感覚を養っておく必要がある。私も最後に夜飛んだのは3ヶ月前なので、近いうちにやらねばならない。

ちなみに、同乗する人から見れば都会上空の夜間飛行は夜景が綺麗なのでお勧めである。時期によっては打ち上げ花火を「上から」見ることも可能だ。

 

f:id:flying-gadget:20171010214343j:plain

 

出発~名古屋港上空

天候は晴れて視程良好、風もほぼ無風で絶好のコンディション。K機長の操縦により、我らがセスナは男4人で夜景を見物すべく、ほぼ最大離陸重量で名古屋空港(小牧の方ね)の滑走路34(北向き)から飛び立った。

 

f:id:flying-gadget:20171010215949j:plain

 

南に進路を取って名古屋港上空へ。ライトアップされた名古屋港シートレインランドの観覧車がとても良い目標物になる。

 

f:id:flying-gadget:20171010221302j:plain

 

セントレア上空通過

今回はセントレアの上空を知多半島から四日市方向へ、滑走路を横切る向きに通過。空港には半径9kmの管制圏(ナワバリのようなもの)があるので、管制塔に許可をもらって通過する。

夜のセントレアを上空から見るのは初めてだったが、ターミナル周辺は非常に明るい。一方で滑走路、誘導路のライトは控えめな印象。

 

f:id:flying-gadget:20171010221757j:plain

 

長島~名古屋駅周辺

セントレアから少し北上して、伊勢湾岸道路の北側を東進して再び名古屋港方面へ。長島周辺はセントレアの進入経路の関係で特別管制区(基本進入禁止のエリア)設定されているので、高度を下げてその下をくぐるように飛ぶ。右手に長島スパーランドが見える。

 

f:id:flying-gadget:20171010222532j:plain

 

ちなみに管理人は絶叫マシンが大の苦手なので行ったことが無い。あのGの急激な変化マジ無理。え?セスナ?全然怖くないよ?

北上して名古屋の中心街へ、JR名古屋駅のツインタワー上空で旋回。

 

f:id:flying-gadget:20171010211932j:plain

 

少し東進して栄周辺へ、テレビ塔とオアシス21、名古屋城を見物。

 

f:id:flying-gadget:20171010223537j:plain

f:id:flying-gadget:20171010223754j:plain

 

FDAのエンブラエルの後に続いて名古屋空港へ帰投。滑走路34でタッチアンドゴーの後、着陸。K機長お疲れ様でした。

 

f:id:flying-gadget:20171010224026j:plain

 

飛行機からの夜景は格別ですよ。趣味で空を飛ぶ自家用パイロットの世界に興味を持った方は、ぜひ読者登録して下さい。当ブログでは今後、パイロットライセンス取得を目指す方にとって有益な情報を記事にしていく予定です。

それでは、今日も読んで下さりありがとうございました。Good day!