趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

【X-Plane11】初心者向け解説!Ortho4XPとW2XPでシーナリーをリアルに(その2)

f:id:flying-gadget:20171111113706p:plain

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。

PC向けフライトシミュレータの定番であるX-Plane11で、衛星写真を用いたリアルなシーナリーを生成するツールであるOrtho4XPと、建物等の描画を改善するアドオンW2XP(どちらも無償)の導入方法を初心者向けに解説します。今回はW2XP編です。

 

はじめに

前回の記事ではOrtho4XPを利用して衛星写真の地面にマッピングする衛星写真のタイルを作成した。 Ortho4XPにより地形や景色は全体的にリアルになるが、自動生成される建物などの並びはデフォルトのままで欧米的な雰囲気なので、今回はW2XPのアジア向けシーナリーを導入して、より日本的な街並みにする。

 

www.flying-gadget.com

 

 

W2XPとは?

W2XPはWorld2XPlaneの略で、インターネットの地図情報に基づいてX-Planeの建物や道路等のシーナリーを自動生成するツールである。同じ自動生成でもW2XPを用いるとデフォルトのシーナリーよりも世界の各地域の特徴を反映した街並みを生成することができる。

W2XP自体はシーナリーでは無くシーナリー生成ツールであるが、本格的にやろうと思えば自分でカスタマイズして製作することもできるが、今回はアジア向け(日本含む)に作成された既存のW2XPのシーナリーパッケージがあるので、それをインストールする。

 

準備

ダウンロードするファイルは7-Zip形式(.7z)で圧縮されているものがあるので、準備として圧縮解凍ソフトである7-Zipをインストールしておく。もちろん無料。

 

sevenzip.osdn.jp

 

ライブラリの導入

W2XP本体を入れる前に、W2XPで使用するシーナリーのライブラリを導入しておく。ライブラリとはシーナリー上に配置される物体(建物、木、車両、人etc)の3Dデータであり、代表的な無料ライブラリは以下のリンクからダウンロードできる。W2XPを利用する際には以下のライブラリが必要である。

 

  • OpenSceneryX
  • R2 Library
  • FF Library

 

forums.x-plane.org

 

W2XP以外にフリーの空港シーナリー等でも上記ページのライブラリに依存するものが多いので、余裕があれば上記ページのライブラリを全部入れておくと良い(全部で8GBくらい、数が多いので大変だが)。以前は一括インストールしてくれる自動ツールもあったようだが、現在は公開されていないようだ。

また、以下のリンクからW2XP用のライブラリをダウンロードして導入しておく。I DO AGREE(利用規約に同意)をクリックするとダウンロードできる。

 

simHeaven | W2xp World-models

 

ライブラリのインストール方法は、基本的にはダウンロードして解凍したフォルダをX-Plane 11/Custom Sceneryフォルダに放り込むだけ。ただしライブラリによっては2重フォルダになっているもの(RuScenery:内側のフォルダのみを入れる)、インストーラが付属するもの(OpenSceneryX:インストーラを実行するだけ)もあるので注意。また、FF-libraryは通常版と、より遠くから見えるLOD版がある。PCのスペックとの相談になるが、私はLODの方を入れた(GTX1080で問題なし)。

 

W2XPのインストール

続いてW2XP本体を導入する。日本の場合は以下のサイトからW2XP_Asiaをダウンロードする。本体も基本的に解凍してX-Plane 11/Custom Sceneryフォルダに放り込むだけ。

 

simHeaven | W2xp Asia

 

シーナリーの順序について

シーナリーの順序はscenery_packs.iniで規定される。Ortho4XPとW2XPを併用する場合のW2XPの位置は、「追加の空港等よりも下」で、「yOrtho4XP_Overlaysよりも上」とする。ライブラリは順序は無関係なのでどこにいてもよい。従って、W2XPのシーナリーを追加したらX-Planeを起動して一旦終了し、scenery_packs.iniをエディタで編集して上記の順序になるように並べ変える必要がある。

 

飛んでみる

デフォルトのシーナリー(Ortho4XPのみ 上の画像)と、W2XP導入後(下の画像)の状態で名古屋空港周辺を飛んでみた。W2XPにより空港周辺の市街地エリアに建物が密集して配置されているのがわかる。

一部の建物が空港のエプロンを侵食しているが、これについては対処方法があるのでまた別の記事で取り上げる。

 

f:id:flying-gadget:20171111114105p:plain

W2XP導入前

 

f:id:flying-gadget:20171111113706p:plain

W2XP導入後

 

なお、上の画像で遠くに見えている名古屋駅周辺のビル街は自作です。今後の記事では個別の建物を配置する本格的な街作りを特集していきますので、お楽しみに。

それでは、今日も読んで下さりありがとうございました。Good day!