趣味と飛行とガジェットと

趣味で空を飛んでいるアラサー会社員が、スマホやタブレットを中心としたガジェットの活用法を気ままに紹介していきます。

スポンサーリンク

X-Planeで街作り!3D Warehouseのモデルを使ったシーナリーの作成(その2)

f:id:flying-gadget:20171117205714p:plain

こんにちは、空飛ぶガジェッター、みいや(@flying_gadget_m)です。

PC向けフライトシミュレータの定番であるX-Plane11で、公開されている建物等の3Dデータを使って実際の街並みを再現したシーナリーを制作していきます。今回はシーナリーを作成して前回作成したオブジェクトを配置します。

 

はじめに

このブログでは、3Dモデルの公開ギャラリーである3D Warehouseから建物などのモデルをダウンロードしてX-Planeで読み込み可能な形式に変換し、X-Planeのシーナリー上に配置する手順を説明しています。初めての方は以下の記事(その1)からお読み下さい。

今回はシーナリーを作成し、衛星画像をを使って位置合わせをして(その1)で作成した名古屋城のオブジェクトを配置するところまで解説します。

 

www.flying-gadget.com

 

ツールの準備

WorldEditor(WED)

まず、X-Planeの公式シーナリー作成ツールであるWorldEditor(通称WED)をダウンロードする。本記事ではWED1.6.0r1(記事執筆時点の最新版)を使用している。インストールは不要で解凍するだけで使える。

 

WorldEditor | X-Plane Developer

 

NoniMapView

NoniMapViewは位置合わせの基準となる衛星画像をダウンロードするためのツールで、画像の四隅の緯度経度が記録でき、さらにダウンロードする画像のズームレベルを選択できて非常に便利である。

インストールは不要で解凍するだけで使えるが、動作にはJavaの実行環境が必要。JREもしくはJDKを入れておこう。Javaについては下記リンク参照。

 

NoniMapViewのダウンロード

 

www.java.com

 

衛星画像のダウンロード

シーナリーを作成する前に、NoniMapViewを使って位置合わせの基準となる衛星画像を用意しておこう。NoniMapViewを起動するとGoogle Earthの衛星画像が表示されるので、ドラッグしてオブジェクトを配置したい地域に移動する。Select Areaでダウンロードする範囲を選択し、Startをクリックするとダウンロードできる。今回は名古屋城周辺を選択した。ダウンロードする際に、Select Areaの横に表示されている画像左上と右下の緯度経度を必ずメモしておく。

Zoom Level(Download)のスライダでダウンロードするファイルのズームレベルを調節できる。ズームベルは込み入った市街地では18、それ以外は17で良いと思う。

 

f:id:flying-gadget:20171117200146p:plain

 

注意点として、Ortho4XPと違って1枚の画像になるため、あまり広範囲を一度に選択するとメモリ不足で固まる。広範囲が必要な場合は1枚のファイルサイズが100MB以下になるように複数に分けてダウンロードした方が良い。

 

WEDでシーナリーを作成

シーナリーの新規作成

次にWEDを起動する。初回起動時にX-Planeのインストール先を聞かれるので設定しておく。NEWをクリックしてシーナリーを新規作成する。今回は街のシーナリーを作成するので、空港とは別のシーナリーパッケージとして地域ごとに作成すると良い。

シーナリーを新規作成して保存すると、X-PlaneフォルダのCustom Sceneryフォルダに作成したシーナリーのフォルダが作られるので、(その1)で作成したX-Plane用objファイルとテクスチャをオブジェクトごとにフォルダにまとめてここに入れる。作成したシーナリーのフォルダ配下に入れられたオブジェクトはWEDのLibrary PaneのLocalから見えるようになる。

 

衛星画像の配置

次に、先ほど作成した衛星画像をWEDに読み込ませる。View→Pick overlay imageで先ほど作成した画像ファイルを選択すると、画面に読み込まれる。単に読み込んだだけでは画像の位置とスケールが適当なので、位置合わせを行う。画像の外の点をクリックして選択を解除した後、画像の四隅の点を1つずつ選択して、右下のペインのlatitude、longitudeにダウンロード時にメモした緯度経度から、それぞれの点に対応する値を入力して座標を合わせる。

  

f:id:flying-gadget:20171117205639p:plain

 

オブジェクトの配置

衛星画像が正しい位置にセットされたらオブジェクトを配置していく。左上のLibrary Paneから配置したいオブジェクト(今回はNagoyaCAS)を選んで画面上でクリックし、配置する。配置後に黄色い十字をドラッグすると細かい位置調整ができ、右下のペインのHeadingの値で向きを変えられるので、衛星画像に一致するように位置と向きを合わせる。

なお、配置した際に巨大な建物が出現した場合はSketchUpから出力する際の単位の設定が間違っているので、単位をメートルで統一してエクスポートからやり直そう。

 

f:id:flying-gadget:20171117205714p:plain

 

Exclusionの設定

オブジェクトを配置したら周囲にExclusionを設定しておこう。Exclusionは他のシーナリー(正確には、Scenery_packs.iniで自分より下にあるシーナリー)のオブジェクトを表示させない領域のことで、W2XP等の自動生成オブジェクトが自作シーナリーの建物等と重なって表示されることを防ぐことができる。

Exclutionを設定するには右下の赤い×印のアイコンをクリックして配置したオブジェクトを包含するように領域を定義し、右下のペインのExclusionsで除外するオブジェクトの種類を選択する。建物であればObjectとFacadeで良いと思う。

 

f:id:flying-gadget:20171117210706p:plain

 

Exclusion領域の形は向きが固定された長方形のみなので、複雑な形を指定したい場合は下の図のように複数の領域を設定してカバーする。領域同士が重なっても問題ない。ちなみに、ExclusionはW2XP等の自動生成オブジェクトが空港のエプロンや滑走路を侵食している場合の対策としても使える。

 

f:id:flying-gadget:20171117211117p:plain

 

シーナリーの出力と確認

WEDでは編集中の情報はxmlファイルに保存されていて、そのままではX-Planeでは読み込めない。配置したオブジェクトをX-Planeで確認するには、シーナリーをFile→Export Scenery Packageでdsfファイルとして出力する。逆に、dsfファイルは最終出力のみで、WEDで設定したオブジェクトやexclution等の細かい情報は持っていないため、編集には向かない。なので、WEDのシーナリー作成では基本的に「xmlで編集して、dsfで吐き出して確認」という流れになる。

シーナリーを最初に出力した時はX-Planeを起動してシーナリーを読み込んだ後、いったん終了してScenery_packs.iniを編集する。Scenery_packs.iniで上にあるものほど優先的に表示されるため、市街地のシーナリーであればScenery_packs.iniにおける順番は「W2XPよりも上、空港よりも下」で良いと思う。

シーナリーを出力できたら適当な機体でオブジェクトを配置した場所に飛んで行って、ちゃんと表示されるか確認する(原始的なやり方だが他の方法を知らない。シーナリーだけ自由に眺める方法があれば教えてほしい)。今回の例ではRJNAからスタートして名古屋城方面へ飛ぶ。

 

f:id:flying-gadget:20171117213835p:plain

 

Insight!バッチリである。

 

みんなで街作りしませんか?

ここからは管理人からの提案です。

私は現在制作中の名古屋シーナリーが形になったらブログで公開する予定です。他の地域も全国のX-Planeプレイヤーが製作して公開してくれたら最高だし、誰かが作った街に飛んで行けたら楽しいと思います。実は(その1)の記事公開後に早速実践されている方も現れて嬉しい限りです。

 

 

 

こういう作業は地元の方がモチベーションも上がるでしょうし、協力すれば盛り上がると思います。もちろん地域によって3D Warehouseの充実度は異なると思いますが…。もし、このブログを読んでご当地シーナリーを製作される方は、Twitterでハッシュタグ

 

#XPlaneで街作り

 

を付けてツイートしれもらえれば嬉しいです。さらにシーナリーを公開してもらえれば最高ですが、もちろん任意です。

 

それでは、今日も読んで下さりありがとうございました。Good day!